目の下のたるみ・くぼみによる老け顔

スポンサードリンク

目の下のたるみ・くぼみによる老け顔について

目の下のたるみ、くぼみは加齢に伴って増えやすくなります。

 

ところで、あなたは、別に自分としては疲れていないのに、「大丈夫?疲れてる?」などと聞かれた経験はありませんか?

 

それは、目の下のたるみによる窪み(くぼみ)のせいかもしれません。

 

目のまわりが落ちくぼむと、そこに「へこみ」ができます。

 

そのへこみが「影」に見えるせいで、相手に疲れた印象を与えたり、実際の年齢より上に見られる老け顔をつくってしまいます。

 

体力的には若いつもりでも、顔の印象が老けて見られることは、女性にとっても男性にとっても一大事ですよね。

 

いつまでも若々しく見られるためにも、目の下のたるみや窪み(くぼみ)は、解消する必要があるわけです。

 

ここでは、そんな目の下のたるみと窪み(くぼみ)の関係についてご説明します。

目の下のたるみや窪み(くぼみ)ができる原因とは?

では、目の下に窪み(くぼみ)ができる原因は何でしょうか?

 

一番大きな理由として挙げられるのが、加齢による「筋肉の衰え」があります。

 

目の周りを支えている筋肉が年齢とともに弱まることで、くぼみを目立たせてしまいます。

 

たとえば、目の周りの筋肉の「眼輪筋」(がんりんきん)が衰えると、眼球の位置が下がったり、眼窩脂肪(がんかしぼう)を圧迫します。

 

すると、眼窩脂肪が、徐々に目の下の方に押し出されていきます。

 

こうしてできた膨らみと、膨らんでいない部分(くぼみ・へこみ)との間が「影」となり、「目の下のたるみ」に見えてしまうのです。

目の下のたるみに見えるくぼみを改善するには?

目の下のたるみに見える「くぼみ」を改善するには、「眼輪筋」を鍛えることが効果的です。

 

では、眼輪筋を鍛えるには、どうすれば良いのでしょうか?

 

ズバリ!「目元のストレッチ」が有効です。

 

まずは、ストレッチをする前に、目元に「アイクリーム」などの潤滑油になるものを塗りましょう。

 

潤滑油を塗らないでストレッチをしてしまうと、今度は目元の「シワ」を増やすことに繋がってしまいます。

 

目の下のたるみを解消するつもりでストレッチを始めたのに、副作用のように「シワ」を作ってしまっては元も子もありませんからね。

 

それでは、ストレッチやり方をご説明します。

 

まずは、顔を正面に向けたまま、目だけを「斜め45度上」に向けます。

 

次に、「目尻」を少し上に押し上げる感じで、目元に優しく手を添えましょう。

 

そして、「眩しい〜」という表情をします。

 

※この時に、目の下だけを動かして目を閉じようとするイメージで行うと、うまく行きやすいです。

 

そのまま、15秒間キープします。

 

この一連の流れを、5セット繰り返してください。

 

可能であれば、「朝晩」チャレンジしてみましょう。

 

目の下のたるみに見えていた「くぼみ」が、ドンドン消えていくのを感じると思いますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

赤い
目の下のたるみが赤い!これってどうしてなの?と悩む方もいらっしゃると思います。ここでは、そんな目の下のたるみが赤いケースについてご説明します。
黒ずみ
目の下のたるみと黒ずみに悩む方は多いです。目の下瞼(したまぶた)のあたりが黒ずんで見える状態は「クマ」と呼ばれます。目の下のたるみと黒ずみの原因と対処法ついてご説明します。
クマ
目の下のたるみとクマには密接な関係があります。ここでは目の下のたるみとクマとの関係、その原因や対処法についてご説明します。
疲れ目
目の下のたるみと疲れ目には密接な関係があると言われますがどうなのでしょうか?ここでは目の下のたるみと疲れ目の関係性についてご説明します。
夕方
目の下のたるみが夕方になると出来るというケースがありますが、どういうことでしょうか?ここでは目の下のたるみが夕方になると出来るケースについてご説明します。
老けて見える
目の下のたるみは老けて見えるのは本当でしょうか?ここでは目の下のたるみが老けて見えると言われることについてご説明します。