青クマの原因と改善法!コンシーラーで隠すのが良いの?

青クマの原因や改善法とは?

青クマの原因と改善法!コンシーラーで隠すのが良いの?

 

青クマの原因ってなんだと思いますか?

 

 

青クマが出来るとメイクは映えしない、顔色が悪く見えるなんて事もありますよね。

 

改善法はないものか・・・と思われる方も多いでしょう。

 

 

実は、青クマには、いろいろな原因があり、改善方法があります。

 

 

今回は、そんな青クマの原因、改善策、コンシーラーの使い方などをわかりやすく解説します。

 

 

長年、青クマに悩まされている人も、この記事を読んで一緒に改善していきましょう。

 

あなたも、輝くキレイな目元に変身できるはずです。

青クマがひどい!原因は何?生まれつきの人もいるの?

青クマ原因

 

まず、青クマに悩む方は、原因が何なのかを知ることが大切です。

 

 

主に、青クマは「血行不良」が原因で引き起こされます。

 

 

目の周辺皮膚は薄いため、目の下が血行不良を起こすと、それが青く見えてしまいます。

 

 

血液中の酸素濃度も低下し、さらに青黒く目立って見えてしまうため、青クマになって現れるのです。

 

 

じゃあ、血行不良がおこる理由は何なのでしょうか?

 

今回は5つまとめましたので、1つずつ詳しく解説していきます。

 

 

目の疲れ・肩こりなどの疲労

 

目の疲れや、肩こりなどの疲労によって、血行不良は起こります。

 

 

デスクワークをしている方は要注意ですよ!

 

 

長時間のスマホ、パソコンなどの画面を見続けたり、定期的に「まばたき」ができないと、目が乾きドライアイになることがあります。

 

 

また、デスクワークの一定の姿勢での作業は「肩こり」を引き起こします。

 

ドライアイは眼精疲労にも影響し血行不良に、肩こりは直接的に血行不良を引き起こし、青クマの原因になります。

 

 

ストレス

 

ストレスで排出されるホルモンには、血管を収縮させて、血流を悪くするものがあります。

 

 

ストレス、つまり精神的なことからも血行不良を引き起こすことがあるんですね。

 

その結果、青クマの原因になってしまいます。

 

 

睡眠不足

 

睡眠が十分とれていないと、体内の血のめぐりが悪くなり、血液中の酸素濃度が低下します。

 

 

酸素が足りないと、血管が青黒く目立ち「青クマの原因」になってしまいます。。

 

 

また、睡眠不足や睡眠の質が悪くなると、ストレスなどによって血行不良を引き起こします。

 

 

体の冷え

 

ご存知のように、体が冷えると、身体の血液の循環は悪くなります。

 

夏はクマは目立たないのに、冬になると青クマが目立つ!という方は大抵冷えが原因になります。

 

 

生まれつきや体質

 

生まれつき目元の皮膚が薄い、もともと色白な人など、体質によって、皮膚の中の血液が透けて見える人がいます。

 

 

自分の手首を見て、血管がくっきりと青く見える方は、もともと皮膚が薄く、皮膚の下の色素が透けやすいと言えます。

 

 

このように、生まれつきの体質が原因で青クマが目立ちやすくできやすい人もいるわけですね。

 

 

じゃあ、どうすれば良いのでしょうか?

 

続いては、青クマに対して自分で出来る改善方法をいくつかご紹介しますので、参考にしてください。

 

 

関連記事

青クマの改善法!治し方にはどのようなものがあるの?

青クマの原因と改善

 

では、青クマを自力で改善ができる方法を、6つご紹介しますね。

 

 

睡眠不足の解消

 

良い睡眠が取れていないと、疲れがとれず、全身の血が滞り血行不良を引き起こします。

 

血の巡りをよくするためにはしっかりと質のいい睡眠をとりましょう。

 

 

寝る前に温かいものを飲んだり、就寝30分?1時間前からはスマホはいじらないようにするなど、リラックスした状態でベッドに入るようにしましょう。

 

 

起きた時にスッキリしてると思うくらい、睡眠時間を確保すればOKですよ。

 

 

食生活の改善

 

青クマの原因となる血行不良には、鉄分が多く含まれている食材を意識して取り入れましょう。

 

 

鉄には、以下の2種類があります。

 

  • 野菜などに含まれる「非ヘム鉄」
  • 肉類などに含まれる「ヘム鉄」

 

体に効率よく吸収させるには、肉類などに含まれる「ヘム鉄」がオススメです。

 

 

また、ビタミンCや、動物性のタンパク質は、鉄の吸収を助けてくれる働きがあるので、並行して摂取してくださいね。

 

 

逆に、糖質がたっぷり入った甘いもの、アイスクリームなどの冷たいものは血液の流れを滞らせます。

 

なるべく控えるようにしてみましょう!

 

 

目や、体を定期的に休める

 

デスクワークの方はm、疲れたなと感じたら定期的に伸びたり、立ち上がって見みたり、姿勢を変えたりするのがオススメです。

 

同じ姿勢だと、体内の血液が滞りますよね。

 

 

少し動くだけでも、血の巡り方は変わってきます。

 

気分もスッキリ解放してあげましょう!

 

 

ホットタオル

 

ホットタオルをのせて、目元を温める事により血行促進のほか、ドライアイに関わる涙の分泌も促進、眼精疲労の回復にも期待できます。

 

 

やり方は、とても簡単!

 

  1. タオルを水でぬらして絞る
  2. 500wのレンジで30〜60秒ほどチン!
  3. 目の上に乗せられる程度にまで冷ます。

 

これだけでOK!目を休ませたいときにもオススメです。

 

 

マッサージ

 

目元を優しくマッサージすることにより、血行を促進、涙を分泌させる効果があります。

 

 

日頃から「まばたき」を意識しておこなうことも大事。

 

ですが、マッサージもカンタンなので、空いている時間にプラスして行うと、より血行が促進され、青クマ改善に効果をもたらします。

 

  1. 瞼(まぶた)に乳液、クリームなどを塗り滑りをよくする。
  2. 瞼の上を目頭から目じりに向かって優しくゆっくり左右になぞる。
  3. 瞼をつまんでくるくるマッサージする。

 

瞼(まぶた)に負担がかからないように、優しく行ってください!

 

また、乳液などを塗らずに行うと、色素沈着が起こり、目元が暗く見えてしまうのでご注意ください。

 

 

目薬をさす

 

目のまわりの血行疲労を改善するには、充血や、目の疲れをとり血行をよくする事が大切なポイント!

 

 

眼精疲労には、ビタミンB12、B6が配合されている目薬を。

 

目の血行促進には、ビタミンEが配合されているものをえらんでみてください。

 

 

目の疲れも大分やわらぎ、スッキリしますよ♪

 

 

でも、この方法だけでは青クマが改善されない方もいるかもしれません・・・

 

なかなか改善しない人や、即座にクマを目立たなくさせたい人に向けて、メイクで隠せるテクニックをお伝えしますね。

 

 

よく読まれている記事

青クマはコンシーラーで隠す?使い方やおすすめは?

青クマの原因と改善法!コンシーラーで隠すのが良いの?

 

青クマを即座に消したい場合はメイクで隠すのが手っ取り早い方法です。

 

 

ふだんのメイクにコンシーラーをプラスすると、青クマが目立たなくなりますよ。

 

 

どんなコンシーラーが良いの?

 

目の下の皮膚デリケート。

 

なので、肌に優しい天然成分入りのコンシーラーを使用するのがオススメです。

 

 

青クマに使用する色味は、赤みやオレンジ系のコンシーラーをチョイス。

 

なければ、赤リップなどで代用もできるんです。

 

 

また、パール入りのものを選ぶと目元がパッと明るく華やかに見えます。

 

 

コンシーラーのタイプはリキッドタイプだと、伸びがよく、ヨレにくくなるのでコンシーラー選びのポイントにしてくださいね。

 

 

コンシーラーの使い方

 

  1. 下地や日焼け止めを塗る。
  2. 青クマの一番濃い部分をなぞるように線を引くようにしてコンシーラーを乗せる。
  3. 指の腹でコンシーラーの輪郭部分を、ポンポンと軽くなじませていく。

 

こんな感じでOK。

 

 

とてもカンタンなので、毎日のメイクにも取り入れやすい方法ですよ。

 

 

青クマを目立たせなくするには赤リップも効果的!

 

赤色の強い色味を目の下に塗ることで、青クマを目立たなくさせることも出来ます。

 

 

赤リップで青クマをカバーする方法

 

  1. 赤リップをまぶたの下に逆三角形の形に塗る
  2. 指でしっかり叩いて馴染ませる
  3. 硬めのスティックコンシーラーを重ねる(色はイエロー系がベスト)
  4. 指で細かく叩いて自然な色味になるまでよく馴染ませる
  5. リキッドタイプのコンシーラーを少量乗せ、指でポンポンポンと馴染ませる

 

 

「赤リップ!?目立たないの?」

 

と思う方がいるかもしれませんが、しっかり叩き込んで馴染ませれば、それによって青クマが相殺されるというわけです。

 

 

これはとてもオススメな使い方なので、ぜひ試してみてください。

 

 

では、青クマの原因と対処法について、いろいろとお伝えしましたので、最後にまとめましょう。

 

 

関連記事

まとめ

では、最後にまとめです。

 

 

今回は、青クマの原因や改善法、コンシーラーの使い方についてお伝えしました。

 

まず、青クマの主な原因は、血行不良によるもの。

 

血行不良を起こす主な原因は、以下の4つ。

  • 目の疲れ・肩こりなどの疲労
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 体の冷え

また、青クマは生まれつきできやすい人もいらっしゃいましたね。

 

 

青クマを自分で改善できる方法を6つご紹介しました。

 

それでも取れない場合は、コンシーラーや赤リップがおススメです。

 

 

すべてカンタンな改善方法ばかりなので、気軽に試してみてくださいね。

 

あなたも、目元をパッと明るくして、元気な顔で毎日を楽しみましょう。

 

 

おすすめ記事

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

page top