目の下のたるみと黒ずみの原因と解消法とは?

スポンサードリンク

目の下のたるみと黒ずみ その原因と解消法とは?

目の下のたるみと黒ずみに悩む方は、とても多いと思います。

 

一般的に、目の下瞼(したまぶた)のあたりが黒ずんで見える状態は「クマ」と呼ばれています。

 

目の下のクマの原因は、寝不足だったり、身体の疲れが溜まっているということが多いです。

 

ところが、キチンと睡眠も取っているし、疲れも溜まっていないのに、目の下のたるみや黒ずみが消えないというケースがあります。

 

ここでは、そんな目の下のたるみと黒ずみの原因と対処法ついてご説明します。

目の下のたるみ・黒ずみが消えない原因とは?

目の下のたるみや黒ずみが、睡眠も十分で疲労もないのに現れてしまう。

 

その場合は、「老化」「乾燥」が原因の可能性が高いと言えます。

 

まず、老化についてご説明しましょう。

 

肌のハリを保っているコラーゲンは若い頃には体内で生成されますが、それが加齢とともに、作られなくなります。

 

コラーゲンが減少すると、肌の保水力や保湿力が奪われることで、弾力が失われ、結果的に顔の表面や目の下にたるみを作ってしまいます。

 

皮膚のたるみは顔に影を作り、それが黒ずんだようにも見えるのです。

 

また、加齢によって「肌の保水性」が落ちて乾燥が進むと、本来あるはずの「肌のバリア機能」が失われ、さらに乾燥が加速します。

 

その結果、目の下のたるみや黒ずみの原因にもなるのです。

目の下のたるみと黒ずみ その解消法とは?

目の下のたるみに見える「黒ずみ」を防止するには、加齢によるコラーゲンやヒアルロン酸の不足を防ぐことが重要です。

 

そのためにも、まずは食物からそれらの「うるおい成分」を接種しましょう。

 

コラーゲンが豊富な食べ物は、冷ますと煮こごり(ゼラチン)ができるというのが目安になります。

 

プルプルしたコラーゲンが含まれる食品としては、手羽先や鶏の軟骨、牛すじ、豚の白モツやレバーなど、動物性たんぱく質が多いです。

 

中でも、高級食材である「フカヒレ」には、トップクラスの量が含まれています。

 

また、魚介類では、サケやアジの開き、ブリ、サンマ、ウナギ、エビやイカなどにも豊富に含まれます。

 

ちなみに、魚の場合、コラーゲンが豊富の部位は「皮と身の間」です。覚えておきましょう。

 

また、コラーゲンやヒアルロン酸が配合された化粧品を使ったり、サプリメントの摂取も効果的ですので、興味のある方は探してみてください。

 

それと、目元の乾燥を防ぐために、しっかりと「保湿」することも心がけましょう。

 

目元の皮膚は、とても薄くデリケートですし、毎日、何万回ものまばたきをして酷使されてもいます。

 

しっかりと栄養を与えながら、入念な「ケア」を継続することが大切です。

 

洗顔後には、たっぷりと化粧水をつけ、乳液でフタをする意識を持つと良いでしょう。

 

また、目の下は凹凸がありますので、化粧品をきっちりと塗れていないことも多いです。

 

意識して、優しくケアしてください。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

赤い
目の下のたるみが赤い!これってどうしてなの?と悩む方もいらっしゃると思います。ここでは、そんな目の下のたるみが赤いケースについてご説明します。
くぼみ
目の下のたるみ、くぼみは加齢に伴って増えやすくなります。目の下のくぼみは顔を一気に老けさせてしまいます。ここでは、そんな目の下のたるみとくぼみの関係についてご説明します。
クマ
目の下のたるみとクマには密接な関係があります。ここでは目の下のたるみとクマとの関係、その原因や対処法についてご説明します。
疲れ目
目の下のたるみと疲れ目には密接な関係があると言われますがどうなのでしょうか?ここでは目の下のたるみと疲れ目の関係性についてご説明します。
夕方
目の下のたるみが夕方になると出来るというケースがありますが、どういうことでしょうか?ここでは目の下のたるみが夕方になると出来るケースについてご説明します。
老けて見える
目の下のたるみは老けて見えるのは本当でしょうか?ここでは目の下のたるみが老けて見えると言われることについてご説明します。