目の下のたるみと飲酒(アルコール)の関係

スポンサードリンク

目の下のたるみはお酒(アルコール)によって引き起こされる?

目の下のたるみ お酒(アルコール)

 

目の下のたるみがお酒(アルコール))によって引き起こされる事をご存知ですか?

 

その原因はいくつかあるのですが、まずは分かりやすい事からご説明しましょう。

 

お酒を飲んだ時って、顔が赤くなったり、血液のめぐり良くなって、体が温まったように感じますよね。

 

でも、お酒のアルコールが抜けた後って、急に体が冷えたように感じませんか?

 

実は、お酒のアルコールは抜けてしまうと、血流が悪くなって体を冷やし、血液もドロドロにすると言われています。

 

血液がドロドロになれば、目の周りや顔の血行も悪くなり、それが目の下のたるみに結びつくのです。

 

目の下のたるみの原因が飲酒(アルコール)の場合、「たるみ」よりも前に、もっと分かりやすいことが顔に現れます。

 

ほら、ついお酒を飲み過ぎてしまった翌日に、顔がパンパンに腫れあがってたなんて経験はありませんか?

 

そう!「むくみ」です。

 

むくみとは、カラダの中の余分な水分や老廃物が滞って、皮下組織に溜まっている状態のことです。

 

医学的には「浮腫(ふしゅ)」と呼ばれていますね。

 

意外と知られていませんが、お酒による「むくみ」は、時として目の下のたるみの原因になることがあるのです。

目の下のたるみは飲酒(アルコール)による「むくみ」から始まる?

目の下のたるみ むくみ

 

では、なぜ「むくみ」が目の下のたるみを引き起こすのでしょうか?

 

それを分かりやすく理解していただくために、お酒(アルコール)による「むくみ」についてご説明しましょう。

 

お酒を飲んで身体がポカポカと暑くなった経験は、だれでもあることだと思います。

 

これは、体内の「血中アルコール濃度」が高まって、血流が良くなるからです。

 

つまり、アルコールによって血管が拡張している状態なのですが、そこに排出処理が追いつかないと水分がリンパに溜まってしまいます。

 

その余分な水分が皮膚の下に溜まった状態が「むくみ」というわけです。

 

ところで、お酒が腎臓に負担をかけることは、良く知られていますね。

 

腎機能が弱まってくると、途端に「むくみ」が出やすくなります。

 

顔や目のまわりにも「むくみ」は出るため、目の下も腫れぼったくなるのです。

 

実は、むくみって、その状態が繰り返されると、皮膚に蓄積されて「たるみ」に発展してしまいます。

 

ところが、お酒を飲む人というのは、むくみが生じても、それを放置してケアしない方が多いです。

 

目の下は顔の中でも特に「老廃物」が溜まりやすい場所の一つ。

 

そのため、早期にむくみの影響が現れ、目の下のたるみの原因になるのです。

目の下のたるみの原因となる「むくみ」を防ぐには?

目の下のたるみ むくみ疑問

 

じゃあ、お酒による目の下のたるみや「むくみ」を防ぐためには、一体どうすれば良いのでしょうか?

 

一番良いのは、お酒は飲んでも「適量」で終わらせることです。

 

しかし、私たちは社会で生きていますから、いろいろな事情によって飲まざるを得ないこともありますよね。

 

そんな場合は、以下のようなことを意識して「むくみ」を防いでいきましょう。

 

(方法1)食生活を見直す

目の下 食生活

 

緑黄色野菜・海藻類・レモン・玄米・青魚など積極的に摂るようにしましょう。

 

また、納豆には、血液をサラサラにする効果があって、むくみ対策になります。

 

納豆に含まれるカリウムは「むくみ」を防いでくれる成分ですし、ビタミンB1は、アルコールの代謝を促してくれます。

 

おつまみや、翌日の朝食のメニューに取り入れるのが、おススメです。

 

また、塩分の摂り過ぎは、老廃物が溜まってむくみやすくなるので、控えてください。

 

(方法2)水分を取る

目の下 水分

 

お酒を飲んだ後には、「水」か利尿効果のある「お茶」を積極的に飲むといいです。

 

そうすると、尿や便と一緒に、老廃物も出てくれて「むくみ防止」につながります。

 

冷水では体を冷やすので、ぬるま湯を一日1.5リットル位飲むと良いです。

 

(方法3)ゆっくりと入浴する

目の下 入浴

 

時間がない時はついシャワーで済ませてしまう人もいると思います。

 

しかし、入浴は体を温め、汗と一緒に老廃物を流してくれます。

 

また入浴はリラックス効果もあるので、一日の中で10〜15分時間を作って湯船に浸かりましょう。

 

ただし、飲酒の直後は危険なので、翌朝にゆっくり浸かるようにしてくださいね。

 

(方法4)リンパマッサージをする

目の下のたるみ リンパマッサージ

 

夜寝る前に、余分な水分と老廃物を流すよう「リンパマッサージ」をしてあげましょう。

 

リンパマッサージは、むくんでいると気がついた時点からやるのでも構いません。

 

その都度キチンとケアをすれば、お酒による目の下のたるみはかなり防げますよ。

 

お酒による「むくみ」を目の下のたるみに発展させないためには、それを蓄積させないことが最も重要なのです。

それでも、目の下のたるみが改善されない!?

目の下のたるみ ヤバイ

 

ただ、それでも、目の下のたるみが改善されない場合は、原因はお酒(アルコール)だけではなく、老化によって目の下のハリが失われている可能性が高いです。

 

下まぶたの皮膚は、カラダで一番薄いと言われていますが、年を重ねるにつれて、コラーゲンが失われ、さらに皮膚が薄くなってしまいます。

 

その結果として、ハリや弾力がなくなって、ダラ〜ンと目の下にたるみができてしまうわけですね。

 

こうなると、もう本気でヤバイ!と思った方が良いです。

 

ちなみに、私は、お酒を飲んでる時、友だちから「目の下のたるみがヤバいよ」と言われて、ものすごくショックを受けたのを覚えています。

 

しかも、気になっている男性がいる時に言われて、ダブルショックでした。。。

 

そんな私を救ってくれたのが、目元のお悩みを根本から改善する話題のアイクリーム『アイキララ』です。

 

アイキララは、目の下のケアに特化した商品なので、目の下のたるみの改善結果がまったく違うんです。

 

いろいろなことを試してきた私(管理人)も、おかげでお酒(アルコール)のことなんて気にしなくても、目の下のたるみに悩むことはなくなりました。

 

飲み会の席でも、みんなから「目がキレイになって若返った」・・・な〜んて言われて、超舞い上がっちゃいましたよ!

 

気になったので口コミも調べてみました!

アイキララ 口コミ

私は、若い頃から長い間、目の下のたるみに悩まされてきました。

 

アイキララは、宣伝文句につられて購入したのが正直なところです(笑)

 

使い始めてまだ一週間くらいなのですが、な…なんと!

 

目の下の黒いクマが、少し明るくなってきたように感じます。

 

目の周りの乾燥も感じないし、なかなかいい調子です。

 

容器も注射器みたいで、使いやすかったです。

アイキララ 口コミ

目の下のたるみに悩んで購入しました。

 

クマも酷かったのでコンシーラーを塗っていましたが、やはりどうしても気になり…。

 

そんな時に、友達からアイキララを教えてもらいました。

 

毎朝、洗顔した後に目元の下あたりにクリームを塗るだけなので、簡単に使えました!

 

使い始めたばかりだけど、クマが薄くなって来たような気がします。

アイキララ 口コミ

私の場合、もともと皮膚が薄いので目の下のたるみとクマに悩んで購入しました。

 

洗顔後、化粧水の後に使っています。

 

今、半年ほど継続していますが、悩んでいた目の下のたるみ、クマ、両方とも薄くなってきたので使い続けています。

 

今なら、全額返金保証付きで試せるみたいです!

 

しかもナント、使用済みでもOKって、すごくないですか?

 

ただ、こういうキャンペーンって、いつ終わるかが分かりません。

 

なので、昔の私みたいに、目の下のたるみに悩んでいて、損せずに試したい方は、今のうちに是非チェックしてくださいね!

 

目元のお悩みを根本から改善する話題のアイクリーム!『アイキララ』はこちら

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連ページ

タバコ
目の下のたるみがタバコ(喫煙)によって引き起こされることをご存知でしょうか?ここでは目の下のたるみとタバコの関係について書いて行きます。
甘いもの
目の下のたるみは、甘いものの食べ過ぎによって起きると言いますが本当でしょうか?目の下のたるみと甘いものの関係について書いて行きます。
ホルモンバランス
目の下のたるみの原因と女性ホルモンには密接な関係があります。目の下のたるみと女性ホルモンの関係について書いて行きます。
寝不足
目の下のたるみの原因に寝不足があげられるのは何となく分かりますね。寝不足になると肌トラブルが起きやすいのを誰もが感じるからです。目の下のたるみと寝不足の関係について書いて行きます。
姿勢
姿勢が目の下のたるみに影響を及ぼすことは誰しも薄々感じていることだと思います。ここでは姿勢と目の下のたるみの関係について書いて行きます。
栄養不足
目の下のたるみは、日々の生活においての栄養不足でも起きることが分かっています。ここでは目の下のたるみと栄養不足について書いて行きます。
食べ物
目の下のたるみと食べ物には密接な関係があります。目の下のたるみと食べ物の関係について書いて行きます。
アレルギー
目の下のたるみの原因の一つにアレルギーがあります。ここでは目の下のたるみとアレルギーの関係について書いて行きます。
乾燥
目の下のたるみの原因の一つに乾燥があります。ここでは目の下のたるみと乾燥との関係について書いて行きます。
加齢
目の下のたるみの原因の一つに加齢があります。ここでは目の下のたるみと加齢との関係について書いて行きます。
ストレス
目の下のたるみの原因の一つにストレスがあります。ここでは目の下のたるみとストレスの関係について書いて行きます。
妊娠(出産)
目の下のたるみの原因の一つに妊娠(出産)があります。ここでは、目の下のたるみと妊娠(出産)の関係について書いて行きます。
蓄膿症(ちくのうしょう)
目の下のたるみの原因の一つに蓄膿症(ちくのうしょう)があることをご存知でしょうか?ここでは、目の下のたるみと蓄膿症の関係について書いて行きます。
水毒症
目の下のたるみの原因の一つに水毒症があることをご存知でしょうか?ここでは、目の下のたるみと水毒症の関係について書いて行きます。
眼精疲労
目の下のたるみの原因の一つに眼精疲労があることをご存知でしょうか?ここでは、目の下のたるみと眼精疲労の関係について書いて行きます。
内臓
目の下のたるみの原因の一つに内臓の不調があることをご存知でしょうか?ここでは、目の下のたるみと内臓の関係について書いて行きます。
遺伝
目の下のたるみの原因に遺伝があると言われますが本当でしょうか?ここでは、目の下のたるみと遺伝の関係について書いて行きます。
コンタクトレンズ
目の下のたるみがコンタクトによって起きるというのは本当でしょうか?ここでは、目の下のたるみとコンタクトレンズの関係について書いて行きます。
生まれつき
目の下のたるみが生まれつきある人がいるというのは本当でしょうか?ここでは、目の下のたるみが生まれつきだという人のケースについて書いていきます。
スマホ
目の下のたるみとスマホには密接な関係があると言われますが本当でしょうか?ここでは、目の下のたるみとスマホの関係性についてご説明します。
つけまつげ
目の下のたるみの原因がつけまつげにあるという場合があります。ここでは、目の下のたるみと「つけまつげ」の関係性についてご説明します。
猫背
目の下のたるみの原因が猫背にあるという場合があります。ここでは、目の下のたるみと猫背の関係性についてご説明します。
むくみ(浮腫み)
目の下のたるみと浮腫み(むくみ)にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは、目の下のたるみと浮腫み(むくみ)の関係性についてご説明します。
枕(まくら)
目の下のたるみと枕にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは、目の下のたるみと夜眠るときの枕の関係性についてご説明します。
老廃物
目の下のたるみと体の老廃物にはどんな関係があるのでしょうか?ここでは、目の下のたるみと老廃物の関係性についてご説明します。
目が大きい
目の下のたるみと目が大きいことにはどんな関係があるのでしょうか?ここでは、目の下のたるみと目が大きいことの関係性についてご説明します。
笑うと
目の下のたるみは笑うと出来ると言われますが本当でしょうか??ここでは、目の下のたるみが笑うと出来るケースについてご説明します。
前髪
目の下のたるみは前髪で変わるという話がありますが、どうなのでしょうか?ここでは目の下のたるみと前髪の関係性についてご説明します。
ブルーライト
目の下のたるみの原因の一つにブルーライトがあることをご存知でしょうか?ここでは、目の下のたるみとブルーライトの関係性についてご説明します。
側頭筋
目の下のたるみの原因の一つに側頭筋があることをご存知でしょうか?ここでは、目の下のたるみと側頭筋の関係性についてご説明します。
眼窩脂肪
目の下のたるみの原因の一つに眼窩脂肪があることをご存知でしょうか?ここでは、目の下のたるみと眼窩脂肪の関係性についてご説明します。
甲状腺
目の下のたるみの原因の一つに甲状腺があることをご存知でしょうか?ここでは、目の下のたるみと甲状腺の関係性についてご説明します。
腎臓
目の下のたるみと腎臓には、関係性はあるのでしょうか?ここでは、目の下のたるみと腎臓の関係性についてご説明します。
ダイエット
目の下のたるみとダイエットには密接な関係があると言われますが本当でしょうか?ここでは、目の下のたるみとダイエットの関係性についてご説明します。